ドコモ 905i、全機種にセイコーエプソンのGPS技術採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ドコモ 905i、全機種にセイコーエプソンのGPS技術採用
  • ドコモ 905i、全機種にセイコーエプソンのGPS技術採用
セイコーエプソンは、NTTドコモが発売した「905iシリーズ」全8機種にエプソンの「A-GPS受信技術」が採用されたと発表した。

昨年12月発売の「903iシリーズ」以降、90XシリーズのGPS機能搭載携帯電話のすべてにエプソン製GPSモジュール「S4E19863」シリーズが採用され、総出荷実績は1200万個を突破した。

今回新発売となる905iシリーズは、GPSモジュールに加え、エプソン独自のGPS技術搭載の統合LSIが採用され、NTTドコモが提供するGPS機能を用いたさまざまな先進的コンテンツサービスの機能実現に貢献しているとしている。

エプソンが提供するGPSベースバンド処理、A-GPS対応ソフトウェアに関する技術やノウハウは、信号検知領域が格段に広く、屋外の強信号から屋内の微弱信号まで、従来のGPS技術の数十倍の感度性能を導く。加えて、3GPPに準拠した3つの測位モードをサポートしているため、どのアプリケーションやネットワーク環境下でも、世界最高水準のGPS測位パフォーマンスを発揮する。

これらの技術により、室内、屋外、走行中の車両であっても高速高精度な位置情報が取得可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集