本四道路の料金割引社会実験…中間結果

自動車 テクノロジー ITS
本州四国連絡高速道路が8月20日から開始した料金割引社会実験の中間報告を発表した。それによると、淡路島内の一般道利用交通の本四道路への転換が進み、社会実験による沿道環境の改善がみられた。

夜間割引では、割引時間帯での本四道路の交通量は実験前に比べ8 - 13%程度増加した。アンケートによると、物流事業者の本四道路を利用する意識が向上している。

休日割引では割引時間帯における本四道路の交通量が実験前に比べ10%程度増加した。アンケートでも、観光目的地を西瀬戸道路沿線にするなど、西瀬戸自動車道を利用する意識の向上がみられた。

神戸淡路鳴門自動車道・瀬戸中央自動車道における深夜割引は8月20日より実施、午前0時 - 4時にETC無線走行する大型車、特大車が割引対象で本州と四国間を直通で走行した場合は全区間の料金を30%割引するもの。

西瀬戸自動車道での休日割引は8月25日より実施、土日祝日の午前9時 - 午後5時にETC無線走行する普通車、軽自動車等が割引対象で、全区間20%割引となる。西瀬戸自動車道における観光交通需要を促進させ、地域間交流の活性化を支援するもの。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース