駐車場内で引きずられる 男性が重体

自動車 社会 社会

25日夕方、長野県松本市内の駐車場で、バックで進行していた乗用車が、クルマの後方に立っていた男性に衝突する事故が起きた。男性は数メートル引きずられ、胸部骨折などで重体となっている。

長野県警・松本署によると、事故が起きたのは25日の午後5時50分ごろ。松本市島内付近の駐車場内をバックで進行していた乗用車が、クルマの後方に立っていた65歳の男性をはねた。

男性はクルマに数メートル引きずられる状態となり、胸部を強打。近くの病院に収容されたが、肺挫傷などで重体となった。警察ではクルマを運転していた54歳の男性から自動車運転過失傷害の容疑で事情を聞いている。

重体となった男性は後方でクルマの誘導をしていたとみられるが、クルマが突然加速。避ける間もなく衝突したものとみられる。警察ではペダル踏み間違えの可能性も含め、調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集