いすゞ中期計画…乗用車向けディーゼルエンジンを拡販

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ自動車は、新たな中期経営計画で、ディーゼルエンジン事業戦略を策定した。

環境面からのディーゼルエンジンのニーズが各市場で高まっているのに対応し、より小排気量・高出力のディーゼルエンジンの開発を推進していく。

また、トヨタ自動車と1.6リットルクラスの小型ディーゼルエンジンの共同開発で合意したが、今後、量産セグメントである小型ディーゼルエンジンのラインアップを拡大し、商用車に限らず、乗用車用・産業機械用へと広く拡販していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集