いすゞ中期計画…2010年度に売上高2兆円、営業利益1500億

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ自動車は、2011年3月期に連結売上高を2007年度見通比21%増の2兆円(2008年3月期予想比約21%増)、営業利益が同50%増の1500億円(同約50%増)とする新たな中期経営計画(2008年4月〜2011年3月)を策定した。

いすゞは2004年11月に、企業基盤の確立を目指して2008年3月までの「中期経営計画」を策定し、グループを挙げて各施策の取り組みを進めてきた。これにより、2007年3月期に1年前倒しで最終目標値を達成し、国内全需低迷下の今期も引き続き目標値を達成できる見込み。

この結果を踏まえ、今回新たな中期経営計画を策定した。計画では、2011年3月期までの3か年を「収益基盤の拡大と強化による『飛躍』の期」と位置付け、海外拠点の拡大と強化、商品強化とラインナップ拡大および基礎技術力の強化を図る。

具体的には、今回、中長期の商品・市場戦略、ディーゼルエンジン事業戦略、アライアンス戦略を策定した。中長期戦略実現のマイルストーンとして、2011年3月期までの実行計画と定量目標値を設定した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集