福山通運、特別利益と特別損失を計上へ

自動車 ビジネス 企業動向

福山通運は、2008年3月期の連結決算で、特別利益と特別損失を計上すると発表した。

特別利益は、同社が保有する投資有価証券を退職給付信託設定することで、発生するもので、連結及び単独で14億6400万円を計上する。当初設定額は22億6300万円だった。

また、特別損失は、同社が保有する固定資産の減損で9月中間期に連結で14億8600万円、単独で10億7400万円を計上する。

ただ、中間期と通期の業績予想は前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品