クレイモデルエキシビション2007…自分で描いた絵が立体化

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

日本カーモデラー協会が、23日・24日に科学技術館にて開催した『クレイモデルエキシビション2007』。子供たちと若者に「ものづくりの楽しさ」を教えることを体験してもらうべく、毎年開催されているエキシビションだ。

小中学生向けに毎回実施されている、「クレイモデル造形体験コーナー」。同協会会長の石川正己氏によれば、近年、子供たちが物を作るという体験が減ってきていることに対し、非常に懸念しているという。そこで、この体験の場を通して、少しでも物を作る楽しさを知ってもらい、将来、その中からひとりでもモデラーという職業を選んでくれる子が出てくれれば嬉しいという。

体験コーナーに参加した子供たちの中には、自分の好きなミニカーなどを持ち込んでいる子もいれば、事前に自由に想像力を働かせた描いたクルマの絵を見ながら作っている子も。子供たちが作りたい思い思いのクルマを、プロのモデラーの力を借りて、自分の手で実際に作っていくのはとても楽しい体験だったようだ。「くっつくのが楽しい」「面白い」といった具合で、子供たちは目を輝かせながら、楽しそうに答えてくれた。

また、将来モデラーやデザイナーなどを目指している大学・短大・専門学校生向けの「モデラー育成講座」も、同協会は重視している。

クルマやバイクなどの工業製品が、2Dのデザイン画だけでは成り立たないこと、モデリングという3D化を行なう作業があって初めて製品になることを肌で知ってもらうのを主旨として行われている同講座。今年は全国から100点近いデザイン画の応募があり、17名を厳選し、プロのモデラーとコンビを組んで、そのデザイン画を実際にクレイモデルで3D化を行った。

参加していた学生のひとりは、「実際にプロの方に手伝ってもらって立体化してみると、自分のデザイン画が矛盾や描けていない部分がいくつもあるのがわかりました。それでも、立体化できるプロの方はやはりすごいです」とのことであった。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集