BPカストロール、倉庫事業の子会社を解散

自動車 ビジネス 企業動向

BPカストロールは、100%子会社のハイパー・オペレーションを解散すると発表した。

ハイパー・オペレーションは、1990年に設立してから、グループの物流倉庫として倉庫業を運営してきた。2005年1月に合併してから、物流体制の最適化について検討してきたが、当初の目的を達成したため、ハイパー・オペレーションを解散することにした。

ハイパー・オペレーションは、BPカストロールの100%出資子会社で資本金は2500万円。8月31日付けで解散する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集