BMW R1200 シリーズの累計生産台数が10万台

自動車 ビジネス 企業動向

BMW R1200 シリーズの累計生産台数が10万台
  • BMW R1200 シリーズの累計生産台数が10万台
BMWは、「R1200」シリーズの生産累計10万台目となる『R1200GS』がラインオフしたと発表した

10万台の内訳は、「GS」モデルが8万4373台、「Adventure」モデルが1万5627台だった。短期間で10万台を生産したのは、BMWモーターサイクル史上初。

前モデルは、登録台数で長い間トップの位置を占めてきたが、「R1200GS」も初めからトップの地位を獲得し、2006年の世界販売台数は3万1138台に達した。

1999年から2003年まで、前モデルである『R1150GS』は合計5万8023台を生産し、さらに2005年までAdventureモデルが合計1万7828台を生産した。1994年以降、4ストローク水平対向エンジンのGSモデルは合計で21万9468台を生産した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集