今仙電機、インドに進出を決定

自動車 ビジネス 企業動向

今仙電機製作所は、自動車需要が急増しているインドでの現地生産に乗り出すと発表した。インドに生産拠点を新設して受注拡大を目指す。

インドは、日系自動車メーカーが相次いで進出したり、生産能力を増強している。このため、同社は安定した受注が獲得できると判断、進出を決めた。

インドの現地法人の社名は未定で、インドのラジャスタン州に設立する。資本金は約5億円で、同社が100%出資する。敷地面積2万5000平方メートルの土地に、シートデバイスを生産する工場を設ける。操業は2009年8月の予定で、投資額は2009年までの3年間で約17億円。

インド工場は同社としては台湾、フィリピン、米国、中国、タイに次ぐ6番目の海外生産拠点となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集