パトカーに追突、逃走中にも事故

自動車 社会 社会

1日未明、大阪府堺市中区内の府道で停止したパトカーに対し、後ろから走ってきた軽トラックが接触した。軽トラックはそのまま逃走。約2km先で別の衝突事故を起こして立ち往生した。警察ではクルマを運転していた35歳の男性からひき逃げ容疑で事情を聞いている。

大阪府警・機動警ら隊、堺南署によると、事故が起きたのは1日の午前1時25分ごろ。堺市中区東山付近の府道で交通事故が発生したとの通報を受け、近くを走行していた機動警ら隊のパトカーが現場に急行。路上に倒れている被害者を確認し、その手前で停止しようとしたところ、後ろから走ってきた軽トラックが接触した。

この事故でパトカーに乗っていた警官1人が打撲などの軽傷を負ったが、軽トラックはそのまま逃走。別のパトカーが捜索していたところ、約2km先の交差点で信号待ちをしていたクルマに追突する事故を起こし、さらには街路灯柱にも衝突して立ち往生していたのを発見。運転していた男性の身柄を拘束した。

警察ではクルマを運転していた35歳の男性から事情を聞いているが、調べに対しては「気が動転した」などと話しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集