ATグループ第1四半期決算…減収増益 新車販売低迷

自動車 ビジネス 企業動向

愛知トヨタなどのATグループが発表した2007年4−6月期の連結決算は、売上高が前年同期比6.0%減の817億8500万円と減収だった。

期中の新車販売台数は同7.5%減の2万2664台と落ち込み、減収となった。ただ、中古車やサービスなどが好調だったことほか、販売管理費の減少などで営業利益は同6.3%増の15億8200万円と増益だった。

経常利益も受取配当金の増加で同14.2%増の23億6200万円、当期純利益は同70.9%増の14億4900万円と大幅増益だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集