太平洋工業、韓国子会社の事業拡大のための増資引き受け

自動車 ビジネス 企業動向

太平洋工業は、韓国の子会社の太平洋エアコントロール工業に増資すると発表した。

韓国の子会社に増資するのは、自己資本を充実するとともに、設備投資による事業拡大を図るためとしている。

太平洋エアコントロールは、空調用部品の製造・販売を行っている。現在の資本金は20億ウォンで、太平洋工業の子会社太平洋バルブ工業の100%子会社。

今回、太平洋エアコントロールが実施する30億ウォンの第三者割当増資を太平洋工業が引き受ける。出資比率は太平洋工業が60%、太平洋バルブ工業が40%となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集