女子高校生が刃物で切られる---連続通り魔か

自動車 社会 社会

27日夜、埼玉県さいたま市緑区内の市道で、自転車に乗って帰宅中だった16歳の女子高校生が、すれ違ったクルマに乗っていた人物から刃物で切りつけられる事件が起きた。高校生は右大腿部を切られる軽傷を負った。

埼玉県警・浦和東署によると、事件が起きたのは27日の午後7時40分ごろ。さいたま市緑区大崎付近の市道で、自転車に乗って帰宅途中だった16歳の女子高校生が、前方から走ってきた乗用車とすれ違った際、車内にいた人物から刃物のようなもので切りつけられた。高校生は右大腿部を約20cm切る軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走した。

警察では通り魔事件として捜査を開始。今回の現場から北東へ約1km離れた同区内では、23日に夜にも女子高校生が腕を刃物で切られる事件が発生。この事件もクルマとすれ違った際に発生していことから、警察では同一犯の可能性も視野に入れた捜査を行う方針だ。

今回の現場は畑などが多い場所で人の往来は少なく、街灯もほとんど設置されていないことから、事件発生の時点は薄暗かったとされる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集