飲酒運転の発覚を恐れて逃走。橋の欄干に激突

自動車 社会 社会

26日未明、鹿児島県鹿児島市内の県道で、飲酒運転の疑いがあるとしてパトカーに追跡されていた乗用車が橋の欄干に激突する事故が起きた。クルマは大破したが、乗っていた4人にケガはなかった。警察ではクルマを運転していた21歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

鹿児島県警・鹿児島南署によると、事故が起きたのは26日の午前4時30分ごろ。鹿児島市南栄付近の県道をパトロールとしていた同署のパトカーが蛇行運転を繰り返す乗用車を発見。飲酒運転の可能性が高いために停止を命じたが、クルマはこれを無視して逃走を開始した。

クルマはそのまま約500m逃げたが、ハンドル操作を誤って橋の欄干に激突。クルマは大破したものの、乗っていた男性4人にケガはなかった。クルマを運転していた21歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「飲酒運転の発覚を恐れて逃走した」、「鹿児島市内の飲食店やカラオケ店でビールや焼酎を飲んだ」と供述。警察では同乗者に飲酒運転幇助の疑いもあるとして、3人からも事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集