遠くを見ていて気がつかなかった---小学生女児がクルマにはねられ死亡

自動車 社会 社会

25日午後、千葉県富里市内の市道で、道路を横断していた7歳の女児が進行してきた軽乗用車にはねられた。女児は頭部を強打しており、ヘリコプターで東京都内の病院に収容されたが、翌日の未明に死亡している。

千葉県警・成田署によると、事故が起きたのは25日の午後1時25分ごろ。富里市七栄付近の市道を横断していた7歳の女児が進行してきた軽乗用車にはねられた。女児は転倒した際に頭を強打。近くの病院では治療ができず、ヘリコプターで東京都内の病院に搬送されたが、26日未明に脳挫傷などが原因で死亡した。

警察ではクルマを運転していた20歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女児の死亡後は容疑を同致死に切り換えて調べを進めている。

調べに対して女は「運転中は前方遠くを見ていて、至近距離から飛びだしてきた女児に気づくのが送れた」などと話しているようだ。現場は見通しの悪い交差点。警察では前方不注意が事故の主因とみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集