土手に衝突して転覆、早朝ドライブの5人が死傷

自動車 社会 社会

25日早朝、北海道東神楽町内の道道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の土手に衝突した後、道路右側のガードレールにも衝突した。クルマは転覆、乗っていた1人が死亡、4人が重傷を負っている。速度超過が事故の原因とみられている。

北海道警・旭川東署によると、事故が起きたのは25日の午前5時10分ごろ。東神楽町志比内付近の道道を走行していた乗用車が緩やかなカーブを曲がりきることができず、道路左側の土手に衝突。衝撃で道路右側に弾き飛ばされ、さらにガードレールに激突した。

クルマは大破転覆。乗っていた男女5人のうち、助手席に同乗していたとみられる18歳の女性が全身を強打して間もなく死亡。運転していた19歳の男性ら4人が骨折などの重傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は片側1車線。死傷した5人は大学生で、もう1台のクルマと一緒にドライブに出かけていた。クルマはかなりのスピードを維持したままカーブに進入したとみられ、警察では負傷した運転者の回復を待ち、自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集