トヨタ、輸出と海外生産が伸び続ける…6月実績

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は、6月の生産、国内販売、輸出の実績を下記のとおり発表した。

国内生産は36万9000台(前年同月比100.3%)と、2か月連続で前年同月実績を上回るとともに6月としては過去最高となった。

トヨタ自動車、ダイハツ工業、日野自動車の合計は44万8000台(前年同月比99.5%)と、2か月ぶりに前年同月実績を下回った。

国内販売は12万7000台(88.0%)と、前年同月実績を下回った。そのうち、レクサスブランド車の販売は、2957台(157.5%)となった。除軽市場に占めるシェアは、43.6%(−0.4ポイント)と2か月ぶりに前年同月実績を下回った。

3社合計は18万8万台(90.4%)と、前年同月実績を下回った。また含軽市場に占めるシェアは、40.7%(−0.1ポイント)と2か月ぶりに前年同月実績を下回った。

輸出は、欧州・アジア向け等が増加し、24万2000台(109.6%)と、19か月連続で前年同月実績を上回った。3社合計は、26万2000台(110.5%)と、19か月連続で前年同月実績を上回った。

海外生産は、ほぼ全地域で生産が増加し、36万6万台(107.2%)と、66か月連続で前年同月実績を上回るとともに、6月としては過去最高となった。合計は37万2万台(108.4%)と、66か月連続で前年同月実績を上回るとともに、6月としては過去最高となった。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集