ユタカ技研、中間期連結業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ユタカ技研は、第1四半期の業績が予想以上に好調だったことから2007年9月中間期の連結業績見通しを上方修正した。
 
2四半期以降納入先からの需要が当初計画を上回ることが予想されることから売上高は1060億円から1080億円に上方修正した。

収益面でも増収効果や原価低減、為替差益が当初計画の予想以上になりそうなことから上方修正した営業利益は39億円から43億円に、経常利益が40億円から44億円に、当期純利益が24億円から28億円にそれぞれ上方修正した。

下半期は当初計画通りに推移する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集