日産ディーゼル 株式、上場廃止

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、23日で東京証券取引所から上場廃止になったと発表した。

同社はボルボの完全子会社となることで合意、株式公開買付けを実施した。この結果、日産ディーゼルの普通株式は、今年3月末時点で、東京証券取引所の株券上場廃止基準上の少数特定者持株数が普通株式数の90%を超えたため、6月23日から整理ポストに割り当てられ、23日上場廃止となった。 

日産ディーゼルは、ボルボ社の100%子会社であるエヌエーによる完全子会社化のための議案を、今年8月下旬に開催予定の当社臨時株主総会に上程する予定。

完全子会社化を含め、今後の日産ディーゼルの株主にとって重要な事項については、随時ウェブサイトなどを通じて公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集