交際を求めるストーカーが故意に追突、さらに刺して逃走

自動車 社会 社会

19日朝、徳島県徳島市内で27歳の女性が運転するクルマに対し、後ろから走ってきたクルマが追突。このクルマを運転していた男は女性を包丁で刺して逃走した。女性は軽傷。警察では殺人未遂容疑でこの男を逮捕している。

徳島県警・徳島北署によると事件が起きたのは19日の午前8時20分ごろ。徳島市応神町古川付近の市道を走行していた27歳女性が運転する軽乗用車に対し、後ろから走ってきた乗用車が追突した。女性はクルマの破損状況を確認するために車外に出たが、車内に置いていた携帯電話を取ろうとしたところ、追突してきたクルマを運転していた男に背後から腰部を包丁で刺された。男はそのままクルマで逃走。女性は通行人が発見して警察に届け出たが、命に別状はないという。

女性は駆けつけた署員に対して「交際を求めてつきまとわれていた男に刺された」と証言。警察ではストーカーによる殺人未遂事件として逃げた男の行方を追っていたところ、逃走中に板野町内で自損事故を起こしていたことが判明。負傷して病院に搬送されていた28歳の男に任意同行を求め、同日午前に殺人未遂容疑で逮捕した。

男は今年1月ごろから被害者の女性に対して執拗に交際するように求めており、女性は周囲の知人に対して「男につきまとわれている」と相談していたという。警察の調べに対して男は「交際を断られ続けたので殺そうと思った」などと話しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集