街路樹に側面から衝突、3人死傷

自動車 社会 社会

18日未明、埼玉県久喜市内の市道を走行していた乗用車が道路左側の歩道に乗り上げ、街路樹に激突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた男性3人が車外に投げ出され、2人が死亡。1人が重傷を負っている。

埼玉県警・久喜署によると、事故が起きたのは18日の午前1時25分ごろ。久喜市青葉付近の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。そのまま道路左側の歩道に乗り上げ、コントロールを失ったまま側面部から街路樹に激突した。

クルマは原型を留めないほどに大破。乗っていた男性3人は車外に投げ出され、21歳の男性2人が全身を強打し、ほぼ即死の状態。23歳の男性は胸部を強打する重傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は片側1車線で見通しの良い直線区間。クルマの破損状況から、事故直前はかなりのスピードを出していたものとみられている。クルマは死亡した男性の名義だが、全員が車外に放出されていることもあり、警察では運転者の特定を進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集