日本興亜損保、自己株式の取得を終了

自動車 ビジネス 企業動向

日本興亜損害保険は、18日に実施した東京証券取引所でのToSTNeT-2(終値取引)による自己株式の取得結果を公表した。

自己株式の取得は、資本効率の向上を通じて、株主利益の増加を図るのが狙い。ToSTNeT-2で取得した自己株式は3400万株で、取得価格は377億4000万円だった。

同社は6月1日の取締役会で自己株式を上限3400万株、取得総額420億円を上限に取得することを決議していたが、今回、上限いっぱいの自己株式を取得したため、これで終了する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集