ホンダ年央会見 タイに第2工場を建設

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、タイの現地法人、HATC(ホンダオートモービル・タイランド)が今後のタイ国内およびアジア大洋州地域の需要拡大に対応するため第2工場を建設して、生産能力を増強すると発表した。

第2工場は、アユタヤのロジャーナ工業地帯にある既存工場に隣接し、2008年後半に操業する予定。敷地面積は15万平方メートルで、将来的には12万台まで生産能力の拡大が可能で、既存工場の12万台と合わせると、タイでのホンダの生産能力は24万台に拡大する。

フル稼働時の雇用は2200人程度を予定している。投資額は約62億バーツ(約230億円)。

第2工場は「グリーンファクトリー」をコンセプトとし、「水のフル循環システム」による工場用水の外部排出ゼロ化や、水性塗料の採用によるVOC(揮発性化合物質)排出量の削減を目指す。また、ソーラーシステムの導入などで、生産時のCO2排出量を2005年比で台当り10%低減する予定だ。

ホンダは、タイのオペレーションを拡大するとともに、質の向上を図り、アジア大洋州地域の事業基盤を強化していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集