世界初のEバイク、来年発売へ

自動車 ニューモデル 新型車

世界初のEバイク、来年発売へ
  • 世界初のEバイク、来年発売へ
  • 世界初のEバイク、来年発売へ
アメリカ、オレゴン州のEVメーカー、ブランモ・モータースポーツ社が、世界初のプラグイン形式の電気で動くバイクを来年から発売する、と発表した。バイクの名前は『エネルティア』。

1回の充電で走行できる距離は45マイル(72km)、フル充電に要する時間は3時間だという。ガソリンエンジンのバイクと比べると、4倍のエネルギー効率だとブランモ社では語っている。

車体にはカーボンファイバー製のシャーシを使用し、総重量275ポンド(125km)と超軽量。しかしスピードは50マイル/h(80km/h)以上も可能だと言う。

エネルティアは市街地での通勤利用を前提に作られたバイクで、ツーリングなどには適さないが、特にフリーウェイを使わない走行では一般的な車よりも早く目的地に着くことができる。加速も、30マイル/hまでわずか3.8秒と充分だ。

しかもバイクには「モメンタム」と名付けられたソフトウェア・インターフェイスが組み込まれており、オーナーは自分の運転の習慣などをダウンロードし、それに合わせてパワートレインのレスポンスを設定することが可能だと言う。

発売は来年初頭の予定で、価格は1万1995ドル(146万円)。シティコミューターとしてニッチマーケットをゲットできる可能性は高い。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品