阪神高速道路トンネルでトラックが側壁衝突、1人死亡

自動車 社会 社会

4日午後、兵庫県神戸市長田区内の阪神高速道路・山手線の下りで、トンネル内を走行中に大型トラックが側壁に衝突する事故が起きた。この事故によってトラックの運転席部分が大破。運転していた男性が車外に投げ出されて死亡した。

兵庫県警・高速隊によると、事故が起きたのは4日の午後2時15分ごろ。神戸市長田区大谷町付近の阪神高速・山手線の下りで、長田トンネル(全長2011m)を走行していた大型トラックが側壁に衝突した。

トラックは運転席部分が大破。運転していた39歳の男性は弾みで車外に投げ出されて全身を強打。近くの病院に収容されたが、間もなく死亡している。

現場は緩やかなカーブ。トラックは側壁側へ路外を逸脱するような状態で突っ込んでおり、警察では事故の原因を調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品