生活費を稼ぐためバイクを盗む 親子3人を逮捕

自動車 社会 社会

静岡県警は6月29日、静岡県静岡市内でバイクを盗難したとして、53歳の男ら親子3人を窃盗容疑で逮捕した。生活費を稼ぐために家族でバイクを盗み出していたとみられ、警察では余罪についても追及する方針だ。

静岡県警・静岡中央署によると、窃盗容疑で逮捕されたのは神奈川県厚木市内に在住する53歳の男と45歳の女、そして17歳少年の合わせて3人。この3人は6月28日の深夜、静岡市清水区小芝町内の民家敷地内に侵入。駐車していた原付バイク2台を盗んだ疑いがもたれている。

盗難の実行犯は男と少年で、女は周囲で見張り役を行っていた。バイク盗難が頻発していることから同署ではパトロールを強化していたが、この際に不審な行動をする3人を発見。現場で身柄を確保したという。3人はバイクを積みやすいように座席を取り外したワゴン車で行動しており、このクルマも押収されている。

警察の調べに対し、3人は容疑を大筋で認めており、「生活費を稼ぐためにやっていた」などと供述している。盗んだバイクは部品レベルに分解して転売していたとみられ、警察では転売ルートの解明を進める。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品