健全なネット市場の形成を… 中古車事業、業界団体を設立

自動車 テクノロジー ネット

中古車業界においてネット流通へのパワーシフトが顕著になっている中、流通事業に関わる7社が中心となり、有限責任中間法人日本自動車流通研究会(JADRI)が設立される。自動車ビジネスの健全な流通と発展を活動目的とする。

組織の透明性・公共性を担保するために有限責任中間法人という形態をとり、また基金の拠出については、自動車業界の中で公共性の高い、信販業界・損保業界・ITソリューション業界の企業が支援し、非営利組織として活動する。

JADRIの設立メンバー企業各社は2005年10月より、中古車のネット流通について情報交換、勉強会を定期的に開催してきた。当時、中古車の買取依頼情報の取得について、効果的な手法と安全な運用が各社共通のテーマとなっており、名称を「買取協議会」として発足した。06年5月には、ウェブサイト「一括査定.com」を開始した。

透明性・公平性の点から、法人化が必要と判断し、JADRIの設立に至った。代表理事には、カーセブンディベロプメント代表取締役社長:井上貴之が就き、事務局を東京都中央区に設置する。

JADRIの当面の活動は、「一括査定.com」の運営や、他媒体からの中古車査定情報の大量購入など。取得した情報の精度や広告効果などの情報を参加企業間で共有し、投資効率の向上の研究も行なう。また、参加事業者各自が運営するネット媒体とエンドユーザーとの間でのトラブル調整窓口を設置する。

今後は、中古車販売見積りウェブサイトの運営、中古パーツ流通のウェブサイトの運営、ウェブサイトでの人材採用支援、各種研修の開催・保証制度などに取り組む。中古車業界のネット流通についての“リテラシー”向上、行動基準の標準化、統一化を行なっていく。

さらにJADRIでは優良企業の会員数の拡大を図る。ネット流通で起こる自動車ビジネスの問題の明確化と改善により、業界への信頼と発展に努める。


JADRI会 設立時参画企業(五十音順)
●ウッドストック
●オートコミュニケーションズ
●カーセブンディベロプメント
●ジェイボーイ
●タックス本部
●東京assess
●ブロックス
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集