サンオータス4月期連結決算…増収減益 競争激化で

自動車 ビジネス 企業動向

サンオータスが発表した2007年4月期の連結決算は、営業利益が前年同期比7.6%減の2億9800万円で減益となった。

売上高は同1.3%増の274億8800万円と微増だった。石油製品の販売はガソリン価格の高騰や低燃費車の普及で前年を下回った。しかし、レンタカー事業や車検整備事業、新車・中古車販売事業も順調で売上高は前年を上回った。

しかし、収益面ではカーライフサポート事業が競争激化などで収益率が悪化、経常利益は同29.9%減の3億4000万円、当期純利益が同51.7%減の1億1000万円と半減した。

2008年4月期の業績見通しは、売上高が同23.7%増の340億円、営業利益が同34.0%増の4億円、経常利益が同2.7%増の3億5000万円、当期純利益が同71.2%増の1億9000万円と増収増益の見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース