豊田通商、米子会社TDスキャンを解散

自動車 ビジネス 企業動向

豊田通商は、米国子会社のTDスキャン(U.S.A.)を解散すると発表した。TDスキャン米国は、各種バーコード読取機器の販売を行っていた。

資本金は130万ドルで、豊田通商は69.2%出資している。

TDスキャン米国の主力であるバーコード読取機器の販売事業の業績が低迷しており、今後も業績改善が見込めないため、今年9月30日付けで解散することにした。

既存顧客への継続納入を解散発表後1年間、修理業務を最終納入後3年間実施する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集