コンビニ駐車場でクルマ暴走、客1人がはねられて重傷

自動車 社会 社会

24日夕方、埼玉県春日部市内のコンビニエンスストアに乗用車が突っ込み、店の入口付近を破壊する事故が起きた。この事故で店から出ようとしていた女性がはねられ、足を骨折する重傷を負った。警察ではクルマを運転していた43歳の男を逮捕している。

埼玉県警・春日部署によると、事故が起きたのは24日の午後4時55分ごろ。春日部市牛島付近にあるコンビニエンスストアで、駐車場に進入してきた乗用車が止まらずに、そのまま店の入口付近に突っ込んだ。

クルマは店から出ようとしていた24歳の女性に衝突。この女性が左足を骨折する重傷。他の客や店員はいずれも店の奥側にいたため、ケガはなかった。警察ではクルマを運転していた43歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「対向車線から駐車場に入ろうとした。対向車が接近していたから急いだ」と供述。目撃証言から、その後は急加速して入口付近に進行したとみられるが、これについては「わからない。自分は悪くない」などと話しているという。警察ではペダルの踏み間違いが事故の原因とみて、さらに調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集