路外に逸脱して斜面に衝突、男性が車外放出死

自動車 社会 社会

23日朝、北海道喜茂別町内の町道で、走行中の軽トラックが対向車線側に逸脱、そのまま道路右側の斜面に衝突した。クルマは大破。運転していた21歳の男性は車外に投げ出されたことが原因で死亡している。

北海道警・倶知安署によると、警察が事故発生を認知したのは23日の午前8時50分ごろ。「喜茂別町留産付近の町道でクルマが斜面に衝突している」という内容の110番通報が寄せられた。

同署員が現場に急行し、大破している軽トラックと、車外に投げ出されている男性を確認。男性は頚部を骨折しており、間もなく死亡が確認されている。後の調べで、死亡したのは留寿都村内に在住する21歳の男性と判明した。

現場は緩やかなカーブ。クルマは対向車線側に逸脱した後、道路右側の斜面に激突したとみられている。男性は事故から約1時間前の午前7時40分ごろに自宅を出発、事故現場を経由して京極町内へ向かっていた。自宅から現場までは10−15分ほどで、警察では男性が1時間程度は発見されなかった可能性もあるとしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集