大豊工業、河合専務に代表権

自動車 ビジネス 企業動向

大豊工業は、河合弘義専務が代表権を持つ専務に就任した。代表取締役を1人増員し、経営を強化するとしている。

河合専務は、トヨタ自動車の計測技術部部長を経て、1999年に大豊工業の取締役に就任した。2001年に常務、2003年に専務に昇格し、今回代表取締役となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集