駐車場での女性襲撃、逃げられないと悟って警官に告白

16日深夜、北海道釧路市内のスーパーマーケット駐車場で、クルマに乗りこもうとしていた女性が包丁を持った男に襲撃される事件が起きた。女性が悲鳴を上げたことから男は何も奪わずに逃走。犯行から約10分後に強盗未遂容疑で緊急逮捕されている。

自動車 社会 社会
16日深夜、北海道釧路市内のスーパーマーケット駐車場で、クルマに乗りこもうとしていた女性が包丁を持った男に襲撃される事件が起きた。女性が悲鳴を上げたことから男は何も奪わずに逃走。犯行から約10分後に強盗未遂容疑で緊急逮捕されている。

北海道警・釧路署によると、事件が起きたのは16日の午後10時20分ごろ。釧路市昭和中央4丁目付近にあるスーパーマーケットの駐車場で、帰宅するために自己所有のクルマに21歳の女性が乗り込もうとしたところ、若い男が助手席側から強引に乗り込み、女性に包丁を突きつけて「カネを出せ」と脅した。女性は大声を上げたり、男を叩くなどして抵抗。この勢いに圧倒されたのか、男は何も奪わずにその場から逃げだした。

通報を受けた警察では強盗未遂事件として捜査を開始。周辺の捜索を行っていたが、事件から約10分後に22歳の男が「すいません、自分がやりました」と、居合わせた警官に犯行を自白。犯行に使われた包丁も所持していたため、緊急逮捕した。

調べに対して男は「あっという間にパトカーが集まった。逃げられないと悟り、自分から名乗り出た」などと供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集