マツダ、品質で3年連続トップ…ドイツ誌調査

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ、品質で3年連続トップ…ドイツ誌調査
  • マツダ、品質で3年連続トップ…ドイツ誌調査
マツダは、ドイツの自動車雑誌『Auto Bild』(アウト・ビルト)誌による「2007年品質調査」の結果、第1位に選出されたと発表した。マツダは、この調査で3年連続で第1位と評価されている。

2001年から始まった『アウト・ビルト』誌の品質調査は、同誌による耐久性テストやユーザー調査(同誌購読者2万2795人対象)、リコール件数、ドイツ技術検査協会(TUV)の報告書、アウト・ビルト誌宛ての苦情、保証内容と販売店調査の7項目にわたって評価基準を設けており、欧州最大市場であるドイツにおける各ブランドの総合的な調査となっている。

2007年の調査では、すべての項目でマツダの品質が高く評価された。特にTUV報告書の長期品質(購入後2年あるいは3年の安全証明検査)と『アウト・ビルト』誌の10万km耐久テストでの評価が高かった。

同誌では現在、新型『Mazda5』(日本名『プレマシー』)の10万km耐久テストを行なっている。

2006年の所有者調査では、修理頻度の少なさとボディ品質の高さで評価が高かったことも好結果につながったが、2007年はさらに顧客満足度と保証内容という点でも高く評価されたと、している。

マツダのダニエル・ティー・モリス取締役専務執行役員は、「『アウト・ビルト』誌の品質調査において、3年連続で第1位を獲得できたことは非常に光栄で、マツダの設計と製造品質などが高く評価されたものと理解している」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集