ワゴン車と大型ダンプトラックが正面衝突、8人死傷

自動車 社会 社会

4日夕方、千葉県君津市内の県道で、対向車線側に逸脱したワゴン車と順走していた大型ダンプトラックが正面衝突する事故が起きた。ワゴン車は大破、乗っていた6人が死傷、トラックの運転手も重傷を負っている。

千葉県警・君津署によると、事故が起きたのは4日の午後3時ごろ。君津市尾車付近の県道を走行していたワゴン車がカーブを曲がりきれず、対向車線側に逸脱。順走してきた大型ダンプトラックと正面衝突した。

ワゴン車は衝突によって大破。同乗者2人が頭部を強打して即死、運転者を含む5人が骨折や打撲の重軽傷を負った。ダンプを運転していた34歳の男性も重傷を負い、いずれも近くの病院に収容され、手当てを受けている。

現場は緩やかなカーブ。ダンプトラックを運転していた男性は、逸脱進行してきたワゴン車に気づき、正面衝突を避けようと右車線に回避したが、この直後にワゴン車も元の車線に復帰。そのまま衝突したという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集