マッサ、カナダGPに自信

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マッサ、カナダGPに自信
  • マッサ、カナダGPに自信
これまでザウバー時代4位、昨年は5位とまだカナダGPの表彰台を経験していないフェラーリのフェリペ・マッサ。今年目指すのはもちろん表彰台の頂点だ。

「カナダは訪れるのに最高の場所の一つ。モントリオール市内は僕もすごく気に入っている。人々はオープンだし、いつも楽しませてもらっているよ。さらに、地元の人たちはF1に熱い。これもビルヌーブ親子のおかげだね。今年は彼らにとって記念の年。カナダでのF1人気をこれほど高めた彼らの功績は偉大だよ」

「ジャック(ビルヌーブ)に会えるのを楽しみにしているんだ。一緒のチームに在籍して以来、彼とはいい関係を保っているよ。すごく良いヤツなんだ」

「カナダGPはミディアムダウンフォースのサーキット。メカニカルグリップとエアロダイナミクスとの間でいい妥協点を見いだすことが重要だ。モントリオール唯一の不安材料は、普段あまり使われていないため、路面のグリップレベルが劇的に変化する可能性があること。だからセットアップには気を遣うよ。あとクイックラップを走るためには縁石の使い方が大事だ」

「F2007はカナダでもインディでも強いと思う。過去のリザルトもいいしね。モナコではマクラーレンに差をつけられたけど、北米2戦で取り返してみせるよ」と、マッサは語っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集