介護すると嘘を言い、駐車禁止除外章を不正入手

自動車 社会 社会

大阪府警は5月29日、「身体障害者の父親を介護する」という虚偽の目的を掲げ、駐車禁止除外指定車の標章を不正入手したとして、36歳の男を車庫法違反(車庫代わり駐車)の容疑で逮捕した。男は容疑を大筋で認めている。

大阪府警・南署によると、逮捕された男は今年3月29日から4月14日までの少なくとも4回、自宅のある大阪市中央区内の市道などに自己が使用する乗用車を放置駐車した疑いがもたれている。

このクルマは男が使用者、所有名義人は男の父親。2005年3月に購入した際、「障害を持つ父親の介護用に購入した」と虚偽の申請を行い、駐車禁止除外指定車の認定を受けて、標章を不正入手していた。父親は身体障害者の認定は受けているが、要介護の認定は受けておらず、申請時の申告と違い、男と同居もしていなかった。

男は「駐車場代を払うのが嫌だった」などと供述。容疑を大筋で認めているという。警察では取得以後、標章を悪用した違法駐車を繰り返してきたものとして、余罪を厳しく追及する方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集