エイビスレンタカーに WiFIサービス

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アメリカのエイビスレンタカーでは、この夏からレンタカーの一部に車内Wi-Fiコネクションを設置し、移動しながらインターネットを楽しめるサービスを開始する。

対象となるのは現在ではサンフランシスコ空港のエイビスレンタカーサービスのみだが、今後数週間でサンノゼ、オークランド、ロサンゼルス、ニューアークの空港にもサービスを拡大して行く予定だという。また秋にはサービス対象エリアはアトランタ、シカゴ、ダラス、マイアミ、ニューヨーク、サンディエゴ、シアトルにも広げられる。

車内Wi-FIにかかる費用は1日10ドル95セントで、時間無制限。Wi-Fi機器を提供するオートネットモバイル社によると、全米の95%の道路がカバーされ、トンネル内でも途切れることなくインターネット接続が提供可能だと言う。もちろんPCだけではなくPDAやゲーム機などの接続もデータカードや特別なソフトウェアなしにスムーズに行える。

こうしたサービスは今後レンタカーのスタンダードとなりそうな反面、アメリカでもこのところ「携帯メール」の常用者が増え、運転中のメールを禁止するかどうかが各州で議論に上っている。エイビスでは「運転中のドライバーのWI-Fi使用は禁じる旨、契約書に明記されている」と説明しているが、新たな議論の的となる可能性も。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集