プレス工業06年度決算…増収増益 トラック特需

自動車 ビジネス 企業動向
プレス工業が発表した2007年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比17.5%増の102億4900万円となり、大幅増益となった。

ディーゼル排出ガス規制強化によるトラックの特需で、トラック向けのアクスルが好調だった。加えてタイでグループ4社への出資比率を引き上げ子会社化した。このため、売上高は同19.6%増の1758億5800万円だった。

経常利益は同13.4%増の98億6200万円、当期純利益が同0.6%増の51億6400万円だった。

2008年3月期の業績見通しは、売上高が同0.5%減の1750億円と減収の見通し。トラックの特需が一巡し、反動で国内トラック市場が低迷するとの見通しなため。

営業利益も同1.5%減の101億円、経常利益が同5.7%減の93億円、当期純利益が同7.1%減の48億円の見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集