イエローハット通期見通しを修正…特別損失計上など

自動車 ビジネス 企業動向

イエローハットは、子会社の貸倒引当金及び株式評価損を特別損失に計上したほか売上げの低迷で、2007年3月期の業績見通しを修正した。

売上高は1163億9700万円を予想していたが、1139億3700万円と下方修正した。予想以上の暖冬とオーディオの販売不振が主因だ。

経常利益は販売費及び一般管理費を抑制、雑収入など、営業外収益が予想以上だったため、7億4000万円から15億5500万円に上方修正した。

当期純利益は子会社のイエローハットセールスが債務超過となったため、株式評価損と貸倒引当金繰入額として合計21億円を特別損失に計上したが、税金費用を大きく計上したことから、1億9400万円から2億8200万円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集