タカタ、執行役員制度を導入

自動車 ビジネス 企業動向
タカタは、執行役員制度を導入すると発表した。

取締役会の経営の意思決定の迅速化と監督機能の強化、機動的な業務執行体制の確立を推進するのが狙い。

執行役員は取締役会に選任され、特定の業務・部門の責任者として業務執行を担当し、取締役から委嘱された担当業務に専念することで、業務執行の一層の迅速化、効率化を図る。

ただ、一部の執行役員は取締役を兼務する。6月27日の定時株主総会後に導入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集