駐車場で殺人事件、車内でトラブルの可能性も

自動車 社会 社会

23日午後、茨城県神栖市内のスーパーマーケット駐車場で、女性が腹部から血を流して倒れているのを買い物客が発見した。女性は鋭利な刃物で複数箇所を刺されており、収容先の病院で死亡した。警察では殺人事件として捜査を開始している。

茨城県警・鹿嶋署によると、事件が起きたのは23日の午後0時40分ごろ。神栖市平泉付近にあるスーパーマーケット駐車場で、駐車されていたRVの横に腹部から大量に出血した女性が倒れているのを、この駐車場を利用した買い物客が発見。店員に届け出た。女性は意識不明の状態で近くの病院に収容されたが、間もなく死亡した。

その後の調べで、女性は同市内の中古車販売会社でで役員を務める50歳の女性と判明した。発見当時、女性は着衣の一部で顔を隠されたような状態。履いていた靴はRVの運転席から発見されている。所持していた現金や携帯電話などが無くなっていたという。刺傷は腹部を中心とした複数箇所で、両手にも防御痕とみられる傷が確認されている。

女性はこのスーパーへ買い物に訪れたとみられるが、買い物を行った形跡はみられず、到着後すぐに襲撃されたとみられている。現場で襲撃されたのか、クルマの車内で襲撃されたのかは判明しておらず、警察では目撃者探しなどを含め、同署内に捜査本部を設置して捜査を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集