【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も

自動車 ニューモデル モーターショー

【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も
  • 【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も
  • 【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も
  • 【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も
  • 【レトロモビル07】今年のオークションは「プチプチ」も
レトロモビル会期中の恒例イベントに『クリスティーズ』オークションがある。例年は2日めの夜だが、今年は初日の2月16日と翌17日の2夜にわたって催され、約350点が競売に掛けられた。

今年はレトロモビルの特集である「スター&著名人の車」に合わせて、セレブリティにゆかりのある車が数々出品された。たとえば、ミック・ジャガーが所有していた1964年フォード『ギャラクシー』は、1万9975ユーロ(約319万円)で落札された。
 
また“余興”として、今回会場にカーコレクションが特別展示されたピンクフロイドのドラマー、ニック・メイソンのプラチナディスクも出品された。アルバム『エコーズ』の販売50万枚を記念したもので、サイン入りドラムスティックも付けられた。これはチャリティで、予想価格に近い1500ユーロで落札されると、会場からは大きな拍手が沸いた。

なお、今年の呼び物だった、ヌヴォラーリが操縦した1939年アウトウニオン・タイプDグランプリは、予想価格が1000万ユーロ(約16億円)に達した。しかし直前になってヒストリーに不明点が生じたため、競りは取り下げられた。1997年日本GPでシューマッハが操縦し優勝したフェラーリF1も90万ユーロ(1億4400万円)といわれたが、落札には至らなかった。

いっぽう、今回は一般的に「オートモビリア」といわれる自動車関連アートや玩具も約300点が出品された。たとえば、1960年代に造られたシトロエンDSの子供用ペダルカーは、470ユーロ(約7万5000円)で落札された。こうした「プチもの」出品の充実は、従来何かと近寄りにくいムードがあったオークションの門戸を広げるきっかけになるだろう。悲しむべきは、落札できる年齢の人間は、到底自分でペダルカーに乗れないことである。

レトロモビルは25日まで、パリ・ポルト・ド・ヴェルサイユの見本市会場で開催中。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集