【ホンダ クロスロード 発表】多面性をこの1台に凝縮

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ クロスロード 発表】多面性をこの1台に凝縮
  • 【ホンダ クロスロード 発表】多面性をこの1台に凝縮
  • 【ホンダ クロスロード 発表】多面性をこの1台に凝縮
  • 【ホンダ クロスロード 発表】多面性をこの1台に凝縮
ホンダの福井威夫社長は22日発表した『クロスロード』について、ユーザーニーズの多面性を「高いレベルで凝縮した。まったく新しい価値を創造したクルマ」とアピールした。

福井社長は「ホンダは常に時代に先駆けた新しい価値を提案してきた」とし、クロスロードも「お客様に、必ず響くものと確信している」と語った。

登録車市場の減少や軽自動車の台頭などクルマへの価値観やライフスタイルの多様化が進んでいるなか、1台で多くのシーンに対応できるというのがクロスロードの持ち味。

逆に中途半端だと敬遠されるリスクもあるが、福井社長は「これまでもうまく行かなかったモデルはある。それでも(他社の)真似をしないで提案し続けるのがホンダらしさ」と強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集