一時停止違反の男、酒気帯びと無免許運転だった

自動車 社会 社会

18日未明、香川県三木町内で、パトカーに追跡された軽トラックが駐車場に進入。駐車中のクルマと衝突する事故が起きた。警察では逃走車を運転していた45歳の男を道路交通法違反の現行犯で逮捕している。

香川県警・高松東署によると、事件が起きたのは18日の午前2時ごろ。三木町池戸付近の町道をパトロールしていた同署のパトカーが、踏切手前での一時停止を無視して進行する軽トラックを発見。停止を命じたが、軽トラックはこれを無視して走り続けたため、追跡を開始した。

軽トラックは約500m先の駐車場に逃げ込んだが、ここで駐車中のクルマと衝突。立ち往生したところ、パトカーに退路を塞がれ、運転していた45歳の男は道交法違反(踏切一時不停止)の現行犯で逮捕されている。

逮捕されたのは近くに住む45歳の男。男の呼気からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。免許証は2005年8月に失効しており、無免許の状態だった。警察ではこれら容疑でも調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集