ファルテックがグループ会社を再編へ

自動車 ビジネス 企業動向

ファルテックは、連結子会社のアルティア橋本を吸収合併すると発表した。アルティア橋本の子会社テクノモールも間接的に吸収合併するなど、グループを再編する。

今回のグループ再編は、ファルテックの子会社アルティア橋本の事業から自動車関連機器事業を分離して、これをオリオンテクノと統合した上で、新たにファルテックが設立するアルティアが傘下に収める。アルティア橋本はテクノモールを吸収合併した上で、ファルテックと合併する。今年10月1日付けで実施する予定で、ファルテックは従来の純粋持ち株会社から事業持ち株会社となる。

このグループ再編は、自動車部品事業の競争が激化しているため、環境変化に対応し、事業運営の機動性・効率性を向上させるのが目的としている。

ファルテックは、今回の再編で部品事業、用品事業のシナジーを強化し、売上・収益の増強を図るとともに、事業持ち株会社として国内外子会社9社を統括・管理する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集