カルソニックカンセイ、通期見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

カルソニックカンセイは、2007年3月期連結決算の業績見通しを下方修正した。

売上高は7100億円を見込んでいたが、6900億円に下方修正した。日産自動車が日米市場で販売が低迷、生産台数が低調なため、日産向けの受注が不振なため。

経常利益は245億円を予想していたが125億円と前回見通しから半減する見込み。新車立ち上がりロスの拡大や合理化の遅れなどが主因だ。

さらに当期純利益は150億円から10億円と大幅に減る見通し。日本、欧州などでの事業構造改革費用及び製品補償損失などが見込まれるためだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集