アイシン精機、従業員向けの託児所を建設へ

自動車 ビジネス 企業動向

アイシン精機は、グループ従業員向けに託児所を建設し、今年10月から運営を開始すると発表した。

新設する託児所は、アイシンで働く従業員の子弟を対象にしており、送迎などの利便性を考えて本社敷地内に建設する。建設予定地は体育館やグラウンドなど当社福利厚生施設とも隣接しており、託児所での行事などにも活用する。

受け入れ人数は、初年度で年間30−50人程度を想定している。運営については、会社カレンダーに合わせた祝日などの営業や、早朝・延長保育に対応できる開所時間の設定など、従業員のニーズに反映させる。

名称は、仕事と育児の両立をめざすお母さんを応援したい、という想いを込めて「AI(アイ)マミーズサポート」とした。

同社では、育児をしながら働き続けるための環境整備として、短時間勤務制度の充実や、育児休業期間の延長など、常にその時々の従業員のニーズが最も高い施策から優先的に行ってきた。今回もアンケートなどでの託児所へのニーズの高まりを受けての建設を決めたとしている。

託児所の建設費用は約1億円を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集