脱出方法を知らず、踏切内に立ち往生して列車と衝突

自動車 社会 社会

5日朝、和歌山県すさみ町内のJR紀勢本線の踏切で、踏切内に立ち往生していた軽乗用車と、通過中の普通列車が衝突した。クルマは約6m弾き飛ばされて大破。乗っていた3人が重傷を負っている。

和歌山県警・串本署によると、事故が起きたのは5日の午前8時50分ごろ。すさみ町見老津付近にあるJR紀勢本線の踏切で、31歳の女性が運転する軽乗用車が進行中に遮断機が下り、クルマはその場で立ち往生した。

直後に下り普通列車(紀伊田辺発、新宮行き。2両編成)が接近。列車の運転士は踏切内に停止しているクルマの存在に気づいて急ブレーキを掛けたが間に合わず、そのまま衝突した。クルマは約6m弾き飛ばされて大破。車内に残っていた女性と、4歳と2歳の女児が顔面などを打撲する重傷を負い、ドクターヘリで病院に搬送されている。

現場はJR見老津駅の手前約200mにある踏切。列車は駅に停車するために減速を開始しており、衝突時の速度は低かったものと考えられる。女性は遮断機をクルマで押し出すと脱出できることを知らなかったとみられる。この事故によって列車の運行は約2時間に渡ってストップ。約120人の足に影響が出た。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集